Implant

2ピースタイプのインプラント

インプラントには2ピースタイプというのがあります。このタイプの特徴としては、まず名前の通り、ピースが2つに分かれています。簡単に言えばインプラントとアバットメントがわかれているわけです。これをネジで連結することになります。
手術は一回法と二回法のどちらでもやることが可能になっています。よいところとしては殆どの人に対応することができる形であるという点がまずは挙げることができるでしょう。そして、治療としても一回法と二回法の両方を利用することができます。どちらでもよい、というのはとても有難いことになるでしょう。さらには、口の状態や経過に合わせて、いくつかのアパットメントを選択して、様々な状況に対応することができます。この応用力が何よりも大きな特徴であるといえるでしょう。
ちなみにコストなのですが1ピースタイプよりも確実に高くなります。手術的に少し工程が多くなりますし、ましてピースが増えるわけですから、それだけでもコスト増にはなるわけです。どうしても治療の時間が長くなってしまうことがありますし、インプラントを繋いでいるネジが緩むことがあるなど短所がないわけではないですから、それはよくよく注意しておきましょう。