Implant

インプラントの手術の方式とは

インプラントの治療の流れとしては、まずは歯茎を切ることが必須です。そして、顎の骨に入れ込むことになるからです。この外科手術には二つの方式があります。それが、一回法と二回法になります。
二回法というのは、その名前の通り、外科手術を2回やることになります。まずは1回目の手術でインプラントを顎に埋め込むことになります。そして、歯茎を再び閉じて、インプラントが骨と結合するまで待つことになります。これが最大で半年くらいかかることになります。そして、2回目の手術で、再度切開をします。そして、いよいよインプラントにアバットメントを結合させることになります。このときに場合によってはさらに骨を削ることもあります。これで後は経過を待つだけです。これが二回法になります。
そして一回法ですが、こちらも名前の通り、外科手術を1回だけやります。インプラントを埋め込み、そしてアバットメントの連結まで一回でやってしまうことになります。当たり前ですが前者のほうが身体に対する負担が重くなります。どちらの方法でインプラントを入れるべきなのか、ということはよくよく医者と相談をして決めることにしたほうがよいでしょう。体力や体調なども考慮して決めることです。