Implant

人工的な歯であるインプラント

人工的な歯であるインプラントにもいろいろと種類があるのです。まず、その一つとしてあるのが1ピースタイプと呼ばれるものです。この1ピースタイプの特徴としては、まず、インプラントとアバットメントが一体化されているものであると覚えておくと良いでしょう。
そして、手術方式としては一回法が行われることになります。二回法よりも身体に対する負担が軽いと比べて、アバットメントを連結させるために歯茎を切開する手術の必要なくなります。ですから、高齢者などの手術に対する負担をあまりかけたくない人にお勧めできるとされています。
そして、2ピースよりも部品が少ないわけですから、料金的に安くなります。そして、短い期間で治療を終えることができるようになっていますから、時間的な余裕がない人にもよいわけです。2つのピースを螺子で繋いでいるわけではありませんし、緩むことなどを心配することがないのです。なおかつ、とても強度に優れているのでしっかりとした噛み合わせを実現することができます。但し、何か問題が出てきた場合、インプラントごと撤去しないといけないというデメリットもありますから、よい点と悪い点の両方を理解しておきましょう。